【梅雨の養生法!】

 こんにちは。
 健康コーディネーターの伊東(未来派鍼灸師・医療氣功師)です。

 

 6月26日に沖縄は梅雨が明けましたが、関東地方はまだまだ梅雨本番ですね。梅雨は東アジア特有の気象現象で、それほど雨足の強くない雨や曇りが長期にわたって続く点に特徴があります。

 梅雨は、じめじめして湿気が多くなって色々な菌類が活発になるため、カビや食中毒には十分に注意する必要があります。

 また日によって気温が高い日、低い日とあって一定しないために、衣類調整が追いつかなかったり、明け方の冷え込みで体調を崩しやすくなります。

 雨や曇りが長く続くと鬱陶しさを感じ、気分も塞ぎがちになってしまい、早く梅雨が明けることを期待してしまいますね。

 この時季、湿気で皮膚を包み込まれると、呼吸器と泌尿器、肝臓が影響を受けやすくなって息苦しくて体がだるくなってしまいます。

   梅雨の注意事項と 対策について

       梅雨時を上手に過ごす

梅雨は湿気が多いために呼吸器・泌尿器・肝臓の働きが低下します。肌が荒れたり、解毒作用がうまくいかないなどやっかいです。

この時季は自分から積極的に動いて汗をかくことをお勧めします。

少し動くだけで汗ばむ陽気でも、大股で5・6歩歩くなどしてみると不思議とだるさがとれていきます。

ただし、かいた汗を冷房や外気で冷やしたり引っ込めたりしないよう注意が必要です。

「汗の内攻」といいますが、汗が引っ込んで体の中で悪い変化が起きることをいいます。

汗が内攻すると、たとえば下痢をしたり、寝違えたように首が痛んだりします。また頭重や肩こりが起きてきて、腕が上がりづらい、足がむくむといった様々な症状が現れます。

特に首の汗を冷やすと首を強張らせて、脳卒中の原因になりやすいので注意が必要です。

 

汗をかいたらすぐに拭くこと。もし忘れて「あれっ」と感じたら、すぐに後頭部を蒸しタオルで温湿布してください。汗が再び出てくるでしょう。

 

ウォーキングはもちろんのこと、土踏まずを竹踏みなどで刺激するのも良い方法です。

また、梅干しは肝臓の働きを良くして、汗で出た塩分を補ってくれる、この時季の特効薬です。天然塩で漬けられた昔ながらの梅干しを適量召し上がってください。

       汗を引っ込めてしまった時の手当て

たまにある大事な晴れの日には、舌を日光浴させることも効果的です。手のひらの日光浴もいいですね。

 

1.舌や手のひらの日光浴。

2.肩甲骨が動くイメージで腕や肘の体操をする。

3.肘を冷やさない。

4.少し風のある時に、おへその風浴。

  【完全予約制】

Tel:

 0422(77)0443

診療中のため電話に出られない場合がありますが、折り返しお電話いたします

 

Mail:

info@nakayukui.biz

 

住所:

 三鷹市上連雀8-10-19

 ミタカハウス101号室

 

近隣施設:

 三鷹警察署

 コメダ珈琲

 OKストア

 

定休日:

 第2第4日曜日の午後

 

営業時間:

 午前9時~午後9時