患者さまの感想「副鼻腔炎 完治しました!」

40代 男性の患者さまから「副鼻腔炎が完治しました」とメールが来ました。患者さまの了解を得て、内容を掲載します。

 

「先生、今日耳鼻科に3回目の通院をして、CTを撮ったらすっかり副鼻腔がきれいになっていました!! 耳鼻科の先生もあまりのきれいさに少し驚いている風でした(笑) もう通院しなくても良いと。 ありがとうございます。」

 

この患者さまは昔からアレルギー鼻炎もちで、良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。

 

12月に鼻水、鼻づまりがひどくなって、鼻水も黄色い膿みが出るようになって、頭も重いし首も凝って仕事にも差しさわりが出そうになったとのことで、私のところに来院しました。

治療ベッドに横になっていただいて気診をして、頸椎の異常と左仙腸関節の異常、S状結腸の傷つきに起因する症状だと診立てを立てて、施術しました。

施術後 患者さまは首の凝り、頭の重さがすっきりしてつまっていた両方の鼻も久しぶりにすっきりしたと喜んでおりました。

次の来院をひと月後として、症状をぶり返さないようにするには「首を冷やさないようにして、食事に気をつけるように」と、指導しました。

また、「鼻水が膿みっぽいのは、副鼻腔が細菌感染しているから、耳鼻科で抗生物質を処方してもらうとより治りが良く、漢方薬(小青竜湯)もアレルギー体質の改善に良い」、とアドバイスをして、耳鼻科に行って薬を処方してもらうように勧めました。

ただ、耳鼻科では、抗生物質(クラリシッド)と小青竜湯だけでなく、鼻の通りを良くする錠剤と点鼻薬も処方されて、患者さまは服用した方がいいのかどうか悩まれたようなので、気診したところ服用しない方が良いのではないかと話しておきました。

1月に来院されたところ、こちらの指導をきちんと守られていて副鼻腔炎の症状は治まっていたので、施術後に耳鼻科に通院しても処方される薬を服薬しなくても良いと話しておきました。

2月の来院時には鼻の症状は治まっていたものの、足の甲から湿疹が出始めて全身に拡がっていると訴えがありました。気診をしたら、施術の後に良好な状態を定着するためにも小柴胡湯を服用した方が良いと話しておきました。

 

身体の問題はまだあるものの、副鼻腔炎は完治したようなので何よりです。

  【完全予約制】

Tel:

 0422(77)0443

診療中のため電話に出られない場合がありますが、折り返しお電話いたします

 

Mail:

info@nakayukui.biz

 

住所:

 三鷹市上連雀8-10-19

 ミタカハウス101号室

 

近隣施設:

 三鷹警察署

 コメダ珈琲

 OKストア

 

定休日:

 第2第4日曜日の午後

 

営業時間:

 午前9時~午後9時